ヒトフェロモン物質の影響

人間もフェロモンでコミュニケーションをとれるのか?

さあ、結論として私たち皆の関心を引くテーマへと到りました。

 

人のフェロモンはどうであるのでしょうか?

 

とうに人間とそれ以外の哺乳類に関して語ってきた事柄より、回答の内ではイメージしていただけると思います。

 

哺乳類の脳と、混合させた香りとが引き起こす論点の全部はここにおいても見られるし、それと同時に進化した知性、伝統、個体とか民族の体験、言葉などは人生の入り組んだ性質があります。

 

私たちを人間という立場で成り立たせているそれらの特徴が正に、化学信号の作用の解明の支障を来すのです。

 

更には、人間だと嗅覚は視覚とか聴覚により覆い隠されています。

 

私たちは、全世界が化学信号に溢れていると感じ取る夜型の哺乳類とはほど遠い存在なのです。

 

人のフェロモンに関して訊くといった現実自体が、私たちからすればフェロモンが不可欠かそうでないのかが不明瞭であることを物語っています。

 

過去に述べられたことだろうと、私たち自らの体験とを加味すると、フェロモンは人間にはシカとかハムスターにおいてよりも肝心ではないと考えられるし、そして仮に私たちにだってフェロモンが見られるとすれば、それにまつわる実験的な集計を手にするにはやっかいな問題が存在すると予測できます。

 

さらに包み隠さずに考察してみましょう。

 

 

例えばヒトフェロモンに関する質問が、「ハムスターのマウンティングフェロモンに相当する程度の支配的な原因が人間の活動でもあると思いますか?」といった内容だとしたら、そういったことは見られそうにないとしか回答できません。

 

性行動が完璧に嗅覚に頼り切っているという意味では、ハムスターというのは霊長類を除いた哺乳類の中においてすら類稀な存在です。

 

人間の性行動は根本においてこの作用に関しても恐らく繁雑であって、人間からすれば速い効き目で対抗し難い伝達を有する催淫系の化学信号を分けようなどといった感覚にはどのような根拠すらありません。

 

何にもましてこれについては、格段に実効性の欠けている催淫物質の可能性すらも厳格に認めないものじゃありません。

 

 

確実な保証は存在しないのですが、そういった可能性に関しては19世紀の性心理学の著名な書籍においても論じられ、それからも頻繁に似通ったディスカッションが繰り返されています。

 

それはオーストリアのとある年が若い農民が、腋の下にハンカチを挟み、踊りの相手を気にかけてその顔を拭うのに活用したといったものです。

 

聞いたところでは、彼のその恋愛の冒険というのは、よその誰もが敵わないレベルの、他人も羨む成就を収めたらしいです。

 

この若年オーストリア人が女友達のウィークポイントにつけ込んだかどうであるのかに関しては、そのうち登場する香水とかワキガに関する内容のあとで見定めてもらいたいです。

 

こういった懸念も見られないわけではありませんが、彼のハンカチに全てのキーを押さえる化学信号が混ざっていたというふうには考えられません。

 

自分は彼が優れて口説き上手な若者でもあったのではないかと思っています。

 

 

仮にヒトフェロモンに関しての質問が、「人間には、何かしらの化学的コミュニケーションの見られるのだろうか?」といったものだったら、それについては確証を持っって回答できます。

 

後述、人間の化学的コミュニケーションに関して今までに手に入れられている保証がどんな風なのかを表すところから、何種類かの信号に関して語っていこうと思います。