フェロモンプロスタグランジン

フェロモンの1つ「プロスタグランジン」とは何か?

プロスタグランジンというのは北極海のフジツボの孵化フェロモンという形で、それからキンギョの排卵した後のフェロモンということでとっくに登場しました。

 

その化合物群に関しては無脊椎動物でも脊椎動物でも見受けられ、広範囲の生理的作用を有している実例も発表しました。

 

いくつかのプロスタグランジンは人間でも見られ、実際に、このような化合物群は1930年頃には人間の精液より新しく見つけ出されたのです。

 

人間の貯精嚢によるその物質の合成はテストステロンにより保たれるのですが、精液における機能に関しましては未だにそれほど明らかになっていない。

 

 

プロスタグランジンは人間の子宮に刺激を与え縮小させるのですが、それが精液に存在するプロスタグランジンの大切な作用とされるのではないでしょうか。

 

子宮の縮小は精子を受精の発生する輪卵管に向けての運行をサポートすることも考えられます。

 

プロスタグランジンで発生する縮小が人間の生殖を助長するとすれば、プロスタグランジンっていうのはフェロモンとしての特権が存在します。

 

この傾向はこれまでにはなかったものです。

 

プロスタグランジンに関しては存在部位でも、生化学的通路でも、化学的特性だって把握していて、子宮の縮小に関与しているという内容さえも解き明かされています。

 

未だに把握していないことは、この縮小がプロスタグランジンをフェロモンという立場で認定するに足る位の、意義ある作用であるのか、あるいは意味のない偶発的な出来事であるのかというところです。