マヌカハニーのピロリ菌殺菌

マヌカハニーを食べてピロリ菌を殺菌!

蜂蜜(ハチミツ)

マヌカハニーにはピロリ菌の除菌作用があり、この記事では、ピロリ菌の基礎知識と、
マヌカハニーを用いた有効な除菌法に関して解説をしていきます!


ピロリ菌とは

ピロリ菌

ピロリ菌というのは実はヘリコバクター・ピロリを省略したものです。

 

ピロリ菌は胃で繁殖し、それによって胃壁を傷つける性質がある細菌です。

 

胃の中は強力な酸性で満ちていて、そこでは細菌が生息できないと考えられていたことから、
ピロリ菌が発見されたのは1983年という長い年月がかかってしまいました。

 

ピロリ菌は慢性胃炎や胃潰瘍などを患ってしまう要因の1つと考えられています。

 

要するに、ピロリ菌を殺菌することにより、胃が病気になってしまう確率を大きく低下させるということです。

 

そして、もし ピロリ菌が胃に住みついてしまった場合、以下のような3つの影響を人体に及ぼすと思われます。

 

  • 性胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍などが発病するリスクが高まる。
  •  

  • 胃癌が発症する可能性が一気に高くなる。
  •  

  • 胃MALTリンパ腫というような胃の病気を患うケースが増える。

 

世界中にピロリ菌の保有者がいて、中でも途上国ではその感染率が高めで、逆に先進国だと感染率が低めの傾向です。

 

この原因はピロリ菌が主として口を通じて感染してしまうせいであり、水道があまり普及していないからであったり、
衛生環境に問題がある場所では飲むための水さえも細菌に汚染されていて、それで感染症を患う人々も大勢います。

 

ですが、日本ですら約50%の人々がピロリ菌に感染していて、
とりわけ50歳過ぎだとピロリ菌保有者の割合が約70%以上にまで達するのです。

 

このように感染している人が多いピロリ菌ではありますが、
絶対に胃潰瘍や十二指腸潰瘍になる原因というわけじゃなくて、
ピロリ菌感染者の約2〜3%前後が発症にまで及ぶのだそうです。

 

ですが、ピロリ菌の感染が胃癌の発病に深く影響を及ぼしていることは確かです。

 

実は胃癌患者の約80%以上がピロリ菌感染者であるといった報告までされているのです。

 

そして、2000年にピロリ菌に対する除菌療法が健康保険の対象となったわけです。

 

しかし、抗生物質の投与を行ったことで生じる下痢などといった副作用で躊躇してしまう人々も当然いると思われます。

 

胃に住みついたピロリ菌は自然治癒で殺菌しづらいのではありますが、
ピロリ菌除菌の効果が期待できるマヌカハニーを毎日食べて殺菌していくのも選択肢の1つとしてありだと思います。


ピロリ菌の感染経路って?

ピロリ菌と胃のイラスト

ピロリ菌の感染経路というのは未だに明白には判明していません。

 

しかしながら、口を通じて感染するのは明白みたいです。

 

では、生水を口にしたり、キスでピロリ菌がうつったりするのでしょうか?

 

水道のようなインフラがよく整備されている日本では、
生水を飲んだところでピロリ菌に感染してしまうことはないはずです。

 

そして、恋人間のキス、飲み物の回し飲みなどといった日常生活からでもピロリ菌に感染することはないとされています。

 

ですがピロリ菌は、多く人が幼い頃に感染するらしいです。

 

それで、近頃では母親から子供へといった家庭内感染が怪しいとされていますから、
ピロリ菌保有者の大人から小さい子供に向けての食べ物の口移し等には気を付ける必要があります。

 

昔は内視鏡を通じた医原性感染が問題視されていたことがあったのですが、
消毒法の改善によって今日では全然心配が不要になりました。

 

ちなみに、ペットを介しての感染に関しては未だに明らかになっていません。


マヌカハニーを摂取してピロリ菌をしっかり殺菌!

ピロリ菌のイラスト

ヨーグルト等もピロリ菌に効果的であるとのことですが、
他の食品で近年脚光を浴びているのがマヌカハニーという高品質の蜂蜜であります。

 

蜂蜜はその種類に関係なく抗菌力に優れた食料品として知られており、
昔から食用、飲用の他に消毒用の傷薬としても用いられていて、
蜂蜜は浸透圧が高くて、それに加えて水分活性が低いから、
その作用で雑菌の繁殖を抑制します。

 

さらに、蜂蜜が生み出す過酸化水素にも強い殺菌作用があります。

 

マヌカハニー固有の抗菌成分であるメチルグリオキサール(MGO)を豊富に含んだマヌカハニーを摂るのが望ましく、
普通の蜂蜜の抗菌成分とされる過酸化水素と比べて腸内でより積極的に効果を見せてくれます。

 

その上、マヌカハニーの殺菌効果はカタラーゼ酵素の攻撃を受けつけないので、
ピロリ菌等の他、多数の細菌に殺菌効果が期待できます。

 

市販のマヌカハニーに含まれるMGOの濃度には差があるので、
効率良くピロリ菌を予防したいならMGOが高濃度のマヌカハニーを購入することをオススメします。

 

MGOが高濃度のマヌカハニーはそれ相応の価格ではありますが高い効果が期待できます。

 

イギリスのある研究グループがマヌカハニーのピロリ菌を対象とした繁殖の抑制もしくは殺菌に効果的であるという実験結果を示し、
ディスク拡散法を使ったところ、5%くらいの濃度のマヌカハニーだとピロリ菌を殺菌して、
2.5%の濃度ほどであっても部分的な殺菌をしたといった実験結果を発表しました。