人間の精子誘引

人間には精子誘引が見られるのか?

1991年にイスラエルとアメリカの協力グループが、受精の時に人間の精子を卵子へと誘う誘引物質がある予想を提示しました。

 

射精した3億にまで及ぶ精子の中で、受精の場所とされる輪卵管に到達するのは数百のみであります。

 

それらの究極的な競争相手らに関しては、卵子あるいはそれに伴う細胞が発するフェロモンの濃度勾配を辿って進行することが有り得ます。

 

科学者らは、体外受精の施術をしてもらう女性より卵子の周辺の液体を獲得しました。

 

また、多数の精子が対照の溶液と比較してその液体を目指して遊泳するということを例示しました。

 

その実例は精子を招き入れる化学信号の存在を鮮明に暗示します。

 

仮にそのことが解き明かされ、フェロモンを単離できたら、この発見は不妊のケアに効果があるかも知れませんし、避妊においてもこれまでにない流れが開けていくこともあり得ます。

 

 

1992年になると、精子誘引を肯定する研究がベルギーのブリュッセル自由大学のマルク・パルマンティエらにより行われた。

 

彼らは精子におよそ20種類に及ぶ嗅覚受容体が存在するということを発見しました。

 

これらについては鼻で匂いを察知する蛋白質分子と同様でありますので、腎臓とか肝臓だと存在しません。

 

これらの精子の嗅覚受容体がどういう状況になったのだろうか、そしてなぜそれほど数多くの種類の受容体が存在するのかに関しては何ら明らかになっていないですが、精子を卵子に及ぶ長い旅路にかけて誘導する程度の化学信号を受け容れていることもあり得ます。