ジャコウ臭にフェロモン効果

ジャコウ臭は人間にフェロモン効果を及ぼす!

腋の下の汗の化学信号に関してプレティの発見については、人間の匂いと生殖生理学と試験的に繋がりました。

 

だが、人間はその両方をさらに昔から科学とは関係なしに関連させていました。

 

それに関しては古くから利用されていた香水とか香に関して調べ上げて見たら明らかになります。

 

これはさらに、香水とヒトフェロモンとのビックリするぐらいの関連性に関してもきっかけをもたらしてくれます。

 

 

何千年もずっと前から、香水系は芳香を性、さらに大きくは人間の感情と関連させて取り入れられてきました。

 

アッシリア人とかエジプト人は宗教とか政治の儀礼の時にたくさんの香を焚いたそうです。

 

ギリシャ人とかローマ人だって同様のことを公であろうとも自宅であろうともしたのです。

 

聖書の時代だと新婚のベッドとか葬儀の棺が香料で香りをつけられのです(モーゼがエジプトを脱け出す際は選んでおいた香料の一覧が存在するのですが、これらの大半は現在でも普通に用いています)。

 

シェイクスピアの作品ではジャコウ液を香水ということで人体に塗り込む人間が出てきます。

 

それら全ての行動は儀礼を高尚なものとしたり、自身の身分を強めたりする役立っていたそうです。

 

 

香料を利用する本来の意図がどのようであっても、香料に対する興味は長年にわたり慎重に育まれ、発達してきました。

 

香料専門店はいつの時代であろうとも、強いて言うと冷ややかなご時世に対しての人間の心配とか、自身の力とか美しさを増大させたいといった欲求を掻き立てて、良い香りを塗り込むことのメリットを利用者にアピールしてきました。

 

近年の香水の宣伝は、極めて嬉しい保証をメッセージで、さもないと写真により提供しています。

 

理想的な香りにより、知恵、美貌、富なんかに対する誰にも避け難い問題点が解消され、薔薇みたいに芳香しつつもトップに出ることができるということであります。

 

そういった説得が抗し難いもので、しかもそのことに従うのをエンジョイして私達が香水とかアフターシェイブローションをつけているかいないかに拘わらず、香水が何千年もの人間の功績の内でいろんな人種とか伝統においての根源的な必須アイテムであったというのは明白です。

 

 

香水の原材料において特に古くから浸透しているムスクとシベット(訳注:いずれも日本国内ではジャコウと称される)は、生物の成分で、元来誘引フェロモンの役割を果たしている物質です。

 

ムスクは中国、チベットに存在するオスのジャコウジカに由来して、シベットはアフリカのアフリカジャコウネコ並びにアジアのインドジャコウネコより獲得できました。

 

いずれも大昔から商取引のターゲットでした。

 

コーラン内において、楽園には”純真なムスクの芳香がする黒い目の天女”が暮していると記載されている。

 

欧州だとそれらの香料は東方からの貴重な輸入物で、実際にムスクだってシベットだってもペルシャ語を基にしています。

 

 

ムスクでもシベットでも、依然として香水に必要不可欠なものと見なされている強烈なジャコウ臭を有しています。

 

歴史が下るに従ってより安く入手が容易な素材が少しばかり見つけ出されました。

 

これらはマスクラットみたいに捕まえるのが簡単なもののみではなくて、タコ、ワニ、カタツムリなどといった中にだってジャコウ臭を有するものがいます。

 

甲虫類にすらそういうことが周知されています。

 

20世紀となって、ムスクとシベットの成分の化学的な調査と、これらの化合物の実験室を利用した配合とにより、配合物が動物原料の代理として使うことができるほどになってくれました。

 

自然のムスクとシベットの活性物質は、ムスコン及びシベトンと称されるでっかい環状の化合物であります。

 

自然の環状化合物は大抵5個or6個の炭素原子で成り立っていることで考慮すると、15個及び17個で作られている環状化合物は極めて奇抜と言えます。

 

 

野生の香料で見られる別種のジャコウ調の香りさえ香水稼業からしたら大切であります。

 

インドの常緑樹Santalum albumより採れるビャクダン精油だってその1つとされます。

 

その精油は狭小な甘めの木の芳香の中においてジャコウ臭か尿臭がちょっと潜んでいます。

 

その成分はα−、及びβ−サンタロールと称される2つの化合物で、いずれもムスコンとかシベトンについては組織的に関係ありません。

 

 

ジャコウ臭がする哺乳類の化学信号が香水稼業で重宝されるというのはどうしてでしょうか。

 

ムスクとかシベットの活用に関する具体的な実績は不明なのですが、既に周知されている事柄から関心ある仮定が認められます。

 

これはジャコウ臭物質と、有香ステロイドとの関連をベースにしています。

 

そういったステロイドがブタのオスのジャコウ臭の基となって、これがメスブタのロードシスを引き起こすフェロモンという形で働くのを顧みてもらいたいです。

 

それらのステロイド及びそれと似たステロイドは人間の汗にだって微量含有されています。

 

これらは腋の下のアポクリン腺より生成されるステロイドがバクテリアにより変容を受けて出てきます。

 

男女いずれも汗にそれらのステロイドが存在するのですが、濃さは男性の方がとても高いです。

 

よく分かっていることからその汗の中では人間の生理周期に影響を及ぼすフェロモンが含有されています。

 

 

こうなっては、それらのジャコウ臭ステロイドがヒトフェロモンの活性成分だと考慮したくなります。

 

それらの化合物は汗にあるし、ほかの哺乳類だとフェロモンということが明らかにされているためです。

 

仮にジャコウ臭ステロイドがヒトフェロモンであるなら、ほかのジャコウ臭化合物だってまた、人間からすればフェロモン効果を有することが考えられます。

 

ひょっとすると、私達がジャコウ臭が備わっていると感じている化合物を受け止める定められた嗅覚受容体が存在して、そういうことからほかの化合物が自然のサインのフェロモン効果に似せた効果を顕していることも考えられます。

 

それらのフェロモンの伝達は、私達の祖先からすれば今以上はっきりしている衝撃を与えたでしょうけど、それらの化合物が、ムスクとかシベットへ古くから利用者が関心を持った原因を話しているのじゃないかといった仮説は今でもできます。

 

そういった認識を限定的に賛同する実験的な調査もありますが、全体を通しては未だに魅惑的仮定の範囲に留まっています。

 

 

香水とか香の歴史的な発端に関しても、こういった意思で解説可能かもしれません。

 

利用者が自己とか周りの香りを変えてみるといった慣習は何からやってきたのでしょうか、今現在だと香水は私達の習慣じゃ悩みのタネであったり不愉快だったりしてしまう元々の体臭をカムフラージュしたり、それに代わるものという立場であります。

 

しかし、元々は香水は人間の匂いを包み隠すことじゃなく、反対に目立たしていたかもしれません。

 

より一層原始的で配慮を必要としない世界においては、人間は自身の体臭がフェロモンということで有利な状況にあることを求めていたということも想定できます。

 

そうだとしたら、ほかの動物より借受けた物質で自らのジャコウ臭フェロモンを補強可能であるということを見つけ出し、自然のムスクの真価を理解したことがありえます。
こういった香水の元々の意図が自発的にメモリーから排斥された現在でも、深層としてその根本的な意図が今の香水の断固たる立場を話していることが考えられます。

 

その認識に関しては半世紀前の精神分析の本であろうとも記載されています。

 

ここでは、香水は”積極的に覆い隠そうと考えているのを意識することなく曝け出す”と表記されています。

 

その考え方はとても関心を引くもので、退けたくなんてないのですが、これまた現在のところ仮説の範囲を出ていません。